【星野リゾート青森屋】三沢市のホテルで青森を満喫できるおすすめ温泉宿

星野リゾート青森屋の露天風呂イメージ 温泉宿(東北)

こんにちは!ゆう3(ゆうさん)です。

肌寒い季節になり、温泉や美味しい食事が恋しい時期になりましたね♨️

今回ご紹介するのは、みんな大好き星野リゾートのお宿!

温泉、お食事、館内の雰囲気や施設、どれも魅力的な満足度の高い温泉宿です。せっかく青森まで旅行へ行くなら素敵な温泉宿へ泊まりましょう!

星野リゾート 青森屋

青森県三沢市古間木山56

スポンサーリンク
農家の挑戦!宮城のお米【ひとめぼれ】をお手頃に気軽に楽しんでもらいたい!
宮城県登米市の農家がクラウドファンディングに挑戦!宮城のお米【ひとめぼれ】をお手頃に、気軽に食べてほしい

宮城県登米市の農家がクラウドファンディングに挑戦!宮城のお米【ひとめぼれ】をお手頃に、気軽に食べてほしい

1日中遊べる館内施設

上のGoogleマップを見れば分かるとおり、敷地がとても広い!

私が行った時は、スケジュールの都合で散策できませんでしたが

足湯があったり、動物と触れ合える散策コースがあるそうな

1周3〜40分ほどの広大な散歩コースがあり、天気の良い日には外を散策しながら青森の自然を楽しめるそうです。

また、館内は和と洗練されたモダンな雰囲気が素敵で落ち着いた空気感の中でもどこかワクワクするデザインがおしゃれ。

青森のねぶた祭りの雰囲気を味わえる

星野リゾートマニアには常識のようですが、夜になると毎晩ねぶたショーが開催され”ねぶた祭り”の雰囲気を味わえる。

私が行った時はスコップ三味線で盛り上がっているのが印象的でした。

予算(一泊夕朝付き)

週末/2,7万円くらい

平日/2,3万円くらい

※連休期間等はプラス5000円くらい

 

※2名宿泊を想定した標準的なプランで調べていますので、人数や時期によっては価格が大きく異なる場合があります。

また、売店もお祭りの出店のよう

ホテル内がねぶた祭りの雰囲気を帯びていて楽しく過ごせます。

幻想的な露天風呂と青森ヒバの内風呂

これは、紅葉時の露天風呂

日本庭園のような景観や、滝があったりと最高のロケーション

星野リゾート青森屋の幻想的な露天風呂イメージ

さらに季節によって小灯籠たねぶたが浮いていたりと素敵な景観で温泉を楽しめるのが最高!

もちろん内湯も素敵で、青森ヒバを全面に使用した広めのお風呂でゆったり入浴できる。

ビュッフェで青森の郷土料理をいただく

言うまでもありませんが、食事が美味しい!

ビュッフェ、会席スタイルで青森の郷土料理などを味わえるのが魅力。

食事は温泉宿最大の楽しみでもありますから、好みのスタイルで食事できるのは嬉しいですね。

 



青森ならではの”リンゴ”のイベント

秋には、青森の名産品りんごを楽しめるイベントが開催されるようで

これは2021年の9月から開催される

りんごがメインのイベント

蛇口をひねるとりんごジュースが出てくるのだとか

これまでには、りんごを使用したサワーやスイーツがあったりと

様々なイベントを楽しめる

一番いいお部屋のコーナー

今回の一番いいお部屋は”特別室うんかん

落ち着いた和室のお部屋で大きな窓から青森の自然を一望できます。しかもお部屋に大きなお風呂付き!

青森らしくヒバのお風呂!

内湯ではあるが、ヒバの香りと景色が相まって最高にリラックスできそう!

お値段は4,4〜5万円くらい

青森はかなり広いので観光の疲れを一気に癒せそうなホテルに泊まるのがオススメ!


星野リゾートということもあり、”青森屋”は少しお高めだけど宿泊して間違いなしのおすすめ温泉宿!

遠方から青森へ旅行予定の方はホテル選びで失敗しないためにもぜひ検討してみてください。

楽天トラベルは頻繁にセールやキャンペーンをしていてオススメの要チェック旅行サイトです↓

楽天トラベル
星野リゾート 青森屋 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
祭りや湯治、郷土芸能など青森文化をめいっぱい体感できる温泉旅館/じゃらんならお得な期間限定プランや直前割引情報が満載。当日/直前のオンライン予約もOK。星野リゾート 青森屋の宿泊予約は国内最大級の旅行情報サイト<じゃらん>

 

インスタやツイッターでも情報発信しています。

良ければフォローよろしくお願いします!

instagram

twitter

※参考画像は星野リゾート青森屋公式ホームページより引用

スポンサーリンク
スポンサーリンク
温泉宿(東北)
スポンサーリンク
宮城県登米市の農家がクラウドファンディングに挑戦!宮城のお米【ひとめぼれ】をお手頃に、気軽に食べてほしい

宮城県登米市の農家がクラウドファンディングに挑戦!宮城のお米【ひとめぼれ】をお手頃に、気軽に食べてほしい

ゆう3のブログ
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました