宮城県仙台市の四角くて餡ぎっしりのどら焼きの名店【ankoya】

グルメ(東北)

こんにちは!ゆう3(ゆうさん)です

今回ご紹介するのは、宮城県仙台市のスイーツ!

仙台に住んでいる人なら、一度は見たことがあるであろう「どら焼き」の名店!

四角い形のどら焼きと、こだわりの小豆が特徴的な美味しいどら焼きを楽しめるお店をご紹介します

ankoyaの外観(木町通店)

ankoya
あんこや

宮城県仙台市青葉区中央
1丁目8−31−203

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お店の場所と雰囲気

場所は、仙台駅前と、木町通、泉といずれも仙台市内に3店舗あります。(上の写真は木町通店の外観です)

駐車場は、泉店のみお店の前に駐車場があります。

価格帯は、

メニュー

ankoyaのどら焼きメニュー

どら焼きのラインナップはこんな感じ。

通常メニューは「あんどら」「もちどら」「くるみどら」「バタどら」の4種類。

季節限定商品は10種類ほどと豊富。

抹茶やさくら、マロンなどどれも魅力的。

実食

ankoyaの四角いどら焼き

今回購入したのは

あんどら(税込188円)

もちどら(税込218円)

抹茶どら(税込248円)

ankoyaさんのどら焼きの1番の特徴は四角い事。

四角くすることによって、どこから食べても生地と餡の詰まったどら焼きを楽しめるのが特徴。

抹茶は、抹茶のクリームすらも四角く入っていてankoyaさんのこだわりぶりが伺える。

抹茶クリームは抹茶の味と香りがしっかりとあり、甘さは控えめ。甘い粒あんとの相性が最高でした。

ankoyaの定番
餅どら

こちらはもちどら

柔らか〜いお餅、甘さ控えめの粒あんフワッとした皮など、どれもバランス◎

小腹が空いた時に最高なおやつです。

最後にあんどらは、どこから食べてもぎっしりと詰まった粒あんを楽しめる。多分これまで食べたどら焼きで一番あんこ詰まっておりました。

ankoyaのショーケース

仙台駅前のankoyaさんは、午前中に売り切れることが多々あるそうです。

私は2時半頃に木町通店に行きましたが、くるみとバタどらが売り切れていたくらいで他は購入できたので意外と穴場なのかも。

四角くて餡たっぷりのどら焼きはなかなか珍しいスイーツなので、仙台へ観光に来る方などもぜひ食べてみてください!


宮城県の美味しいスイーツ、カフェをまとめた記事はこちら↓

ゆう3おすすめの宮城県カフェ、お菓子屋さんまとめ
宮城県を中心に観光、旅行やグルメの情報を発信している「ゆう3」が実際に行って食べて良かったところ、おすすめできるところだけをまとめたスイーツ、カフェ、お菓子屋さんをまとめてみました。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました